#105 背中を押すための占いやリーディング

ここの所、とても精神的にヘビーで、体もとてもアレルギーな感じでかゆみがひどく(以前に比べればないも同然だが)、
ものすごい停滞感、ものすごい焦燥感で、ひとり奮闘して、疲れていました。

以前に少しショートリーディングをしてもらったサイキックの人が
FBで今日はリーディングの時間空いてるよ的な投稿をしていたので、
早速メッセージしてお家に来てもらって、30分リーディングしてもらいました。

彼はタロットを使います。

彼が本物だと思うのは、彼がFBからは知り得ない情報をさらっと言う事です。
昨日も「こういうこと今してる?」と言われ、
その事は、FBにも書いていないし、ごく一部の人しか知らないことで、
彼とは共通の友達がひとりいますが、その共通の友達は全くそのこととは関係がないので、
これまで一切話したことはありませんでしたし、
そのサイキックの彼にいろんな経緯をたどって漏れ伝わるような重大な内容でもないですから、
それを言い当てた瞬間に、やはり彼は見えてるなあと確信しました。

リーディング内容の中には、疑いの目でみれば、
これはFBの私の投稿を見てたら、まあそういう風に言う事はできるよね、
と見る事ができるようなこともありますが、それを言い出せばキリがないですし、
すべてを言い当ててもらうことが目的ではないですから。

結果的に、彼は、私の迷いを吹きとばしてくれました。

一つは、ずっと思いを寄せている人は、君の相手じゃないと。
次に行きなさいと言い放ってくれたこと。
特に私はその恋のことについて聞きもしなかったのですが、
彼の方からそう言ってきました。

それは私もわかっていたこと。

でも、ずっと断ち切れないでいました。

もちろん、だからといって、その瞬間から思いが断ち切れるわけではありませんが、
「君の相手じゃない。」と言い放ってもらうことで、かなり気が楽になりました。

背中をぽんと押してもらった感じです。

他にもいっぱいメッセージをもらいましたが、それはまだ何も手をつけてないもので、
これからどうなるかわかりませんが、
良いリーディングというものは、決して脅したりはしません。
こうしなければ、あなたは不幸になります!とか。。

依存症になりかねない危険性をはらんでいるものの、
良い占いやリーディングは、ふっと「目線を前」にしてくれ、
止まっていた足を再び一歩前へ踏み出させてくれるものです。

 

Related Posts with Thumbnails
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - #105 背中を押すための占いやリーディング このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FriendFeedで共有