192 井戸を掘る

アローハ☆

とある人生の地点で、自分の生き方や仕事や恋やもろもろ立ち行かなくなって、
何をどうすればいいのか、どう息をしたらいいのかさえわからなくなる時が来る。

深い闇の時代は誰でも経験するんだろう。

そういう闇の時代に必要なのは、ひたすら井戸を掘る事だと思う。

ひたすら自分という井戸を掘り続けた。

フラを踊りながら。

外に答えを探し求めるのも必要だ。
誰かの助けも必要だ。

でも、自分という人間の掘り下げ作業をしなければ、
同じ問題はまた繰り返されるだろう。

踊りながら井戸を掘って、もうこれ以上掘れないと思った地点でつながっていたのは
ノモンハンではなくて、ハワイだった。

見てみたら、なんだかステキな井戸が出来上がっていて、
私にはハワイにつながれる井戸があるんだと、誰彼もご招待したい気分だ。

長い長い井戸掘りを経て、とても自由を感じる。

ただ、言えるのは、友達という存在なしには、井戸掘りはできないということ。
井戸から出てこられない場合もあるからね。

アローハ♡

Related Posts with Thumbnails
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 192 井戸を掘る このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FriendFeedで共有