パームツリーの下で

月明かりの夜、パームツリーの下で、波音を聞きながら恋人と愛を語らう、

なんて、ロマンチックな瞬間が人生には必要よね。

5大栄養素に、”ロマンス”をプラスするべきだと思う。

食事と同じように、ロマンスをいただく、なんてね。

リアルな現実の日々の生活は、愛だの恋だの言ってる場合じゃなく、

満員電車に乗って会社に行き、ドライでリアルなお仕事を処理して、

生活費を稼ぐのでやっとだ。

そこにはロマンスも潤いもときめきもない。

でも、作り出すべきだと強く思う。

パームツリーの下、とはいかなくても、

月明かりの下、恋人(妻/だんな)と散歩はできるだろうし、

近くの公園で愛を語らうこともできるだろうし、

出勤前のカフェで見つめ合うこともできる。

短い人生、隙をみては、ロマンスしましょ。

ロマンスで活力を得て、仕事もまたがんばれるというもの。

Related Posts with Thumbnails
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - パームツリーの下で このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FriendFeedで共有